こんにちわんくりん、Miです。

小林麻央さん、ブログを始められましたね。

正直、すごくびっくりしましたが、悩みに悩んでの決断だったのでしょう。。。応援していきたいなぁ〜と思います。




さて、昨日から、わたしは「そうじ力」に目覚めております。


そうじ力とは??

舛田光洋さんが提案する、「不運は掃除をして取り除く」「そうじには、人生を好転させるパワーがある」というもの。


わたしは、10年ほど前、舛田さんの本を買って読んでいたことがあるのですが、ほとんど実践することなくブックオフへ売却。


それなのに、最近になって、「そういえば、舛田さんっていう、掃除のプロがいたなぁ〜」と思い出し、ネットで検索してみたところ舛田さんのブログを見つけたのです。


舛田光洋さんのブログ



懐かしくて、気になった記事をいくつか読んでみました。

なんで、わたしは舛田さんの本を手放してしまったのかなぁ、、、と思うのと同時に、昔好きだったものは、巡り巡って好きなんだな、と改めて実感しました。


次に舛田さんの本を買ったら、もう売らないぞ〜!!✊



さて、舛田さんのブログを読んで、こんな記事が目に止まりました。



へぇ〜、、、排水口の掃除かぁ。

排水口を掃除すると、運気の流れが良くなるんだね。ふむふむ、、、


というわけで、①台所②お風呂場③ベランダの3つの排水口を3日に分けて、掃除をすることにしました。


まず、初日は①の台所から、、、



台所は割と掃除をするようにはしていたのですが、目に見える部分ばかり綺麗にしていたので、懐中電灯で排水口の奥まで照らしてみると、、、






泣きながら掃除をするはめに、、、



舛田さんは、重曹とクエン酸を使った、地球に優しい掃除方法を紹介していたので、さっそく真似をしてみました。



重曹をフリフリして、その上からクエン酸をふりかけると、シュワワワ〜っと泡が発生します。


これが案外楽しい。


しばらくしてから、お湯をかけて、いらない歯ブラシやスポンジでゴシゴシします。



ちなみに、歯ブラシでゴシゴシするよりも、メラミンスポンジを小さく切って、割り箸の先に輪ゴムで留めてゴシゴシした方が汚れがよく落ちました。


排水口の奥まで掃除するときは、割り箸を2つ使って、割り箸と割り箸の先をガムテープで固定してから使います。


メラミンスポンジは、こういうやつです。⬇︎













ドラッグストアーに売っています。



そんなこんなで、始まりました!台所の排水口そうじ。


台所の排水口は、油汚れもあってネチャネチャドロドロ〜っとしますが、重曹とクエン酸があれば随分と楽に掃除ができました。


続く。



そうじを頑張っている私にポチっと応援してくれると嬉しいです!